東京・神奈川県の給湯器交換は親子大工の山口建設・安田工務店

洗濯機を購入して業者さんに運搬して貰って設置を頼んだら、「水・・・|東京・神奈川の給湯器交換・リフォームは親子大工の山口建設・安田工務店

東京・神奈川県の給湯器交換は親子大工の山口建設・安田工務店
お問い合わせはお気軽 TEL046-651-3231[営業時間]9:00〜22:00 年中無休
Lineでお問い合わせ
各種クレジットカード対応

リフォーム現場ブログ

洗濯機を購入して業者さんに運搬して貰って設置を頼んだら、「水栓がこの位置ですと新しい洗濯機を設置することが出来ませんよ!」と、運搬業者さんに指摘されて困ってしまいました。

親子大工です

今回の施工事例紹介は

洗濯水栓を上に移設です!

 

洗濯機を購入して業者さんに運搬して貰って設置を頼んだら、

「水栓がこの位置ですと新しい洗濯機を設置することが出来ませんよ!」

と、運搬業者さんに指摘されて困ってしまいました。

 

そんな時に友人に話したら安田工務店さんの事を紹介してくれて

土曜日に電話をしたら次の日に見に来てくれて翌日に材料をそろえて工事に来てくれました

 

工事を始めたら水栓の配管が壁の中から出ていたらしく

急遽材料を購入しに動いてくれてすぐに洗濯水栓を取り付けてくれました

 

工事中もきちんと洗濯機のカタログを見て高さの事を確認してくれたり、水漏れも一緒に確認してくれたり

特に、洗濯機の裏の壁が厚くならないようにすごく気にして工事をしてくださり

ありがとうございます!

 

 

古い洗濯機は水栓部分が当たらないタイプの洗濯機でした

今の洗濯機はこのようになっていないので水栓当たりますよね!

 

まずは、洗濯機を移動します

 

既存の洗濯機水栓を取り外します

 

この水栓の配管は壁から出ているのか?

それとも床から出ているのか?

 

私は床から出ていると思ったのですが・・・

 

正解は壁から配管が出ていました

どちらから配管が出ていても水栓金具を受ける部材を

きちんと固定しないといけないので壁を取り外して下地を取り付けます

 

下地材を取り付けて剥がした壁材を元に戻します

 

化粧の板を壁に取り付けます

 

L型の部材をシールテープを巻いて配管に取り付けます

 

水栓を受ける化粧材を取り付けて

樹脂管部材を組み立てていきます

 

洗濯機水栓を取り付けます

 

メーターの水を出して水漏れ確認をします

 

水栓の高さを1300ぐらいにしたので

これで洗濯機の高さはクリアー出来ています

 

お客さまと一緒に水漏れ確認中です

 

取り合えず古い洗濯機を元に戻して工事完了です!

今度の水栓はホースがワンタッチで出来るタイプに変更しました

折角触ったなら新しいほうがいいですよね!

 

最後にいつもの記念撮影

お写真ご協力ありがとうございます!

 

「最初は壁付けのL型の水栓を考えましたがこのほうが厚みがなく

すごく考えて工事をしていただきありがとうございます!」

と、喜んで頂きました!

 

 

キッチンリフォームのコツ
お風呂リフォームのコツ
トイレリフォームのコツ
洗面リフォームのコツ

弊社でリフォーム工事をされたお客様の喜びの笑顔をご覧ください!

エリア別 給湯器施工事例

横浜エリア
川崎エリア
相模原エリア
東京エリア
その他エリア

公式Line登録はこちら